SharePaper

気の赴くままに、調べ、シェアするブログ

小室さんと皇室

秋篠宮家からのお迎え

小室さんが昨日赤坂御用地へ打ち合わせのために向かったニュースありましたね。

headlines.yahoo.co.jp

婚約発表の7月8日も小室さんの仕事の都合に合わせてとわざわざ報道させていたし、

今回の車も秋篠宮家の車だそうで、秋篠宮家側からお迎えに来たという形。

 

眞子様との力関係が明らかに小室圭氏の方が上になってような気がします。

皇室に敬意を払う感じがまるでない。そういうところがこの人を怖く感じるところ。

 

こちらの記事に、

 

headlines.yahoo.co.jp

 

「“小室さんの仕事に支障がない”ということで、ふたりで相談して日取りを決めたそうです。ただ、その日は土曜日。小室さんは弁護士の補助をするパラリーガルとはいえ正社員ではありませんし、勤務日数も週3日ほどだというのにわざわざ休日に設定したのはちょっと…」(皇室ジャーナリスト)

 

 同じことを感じる人がいて、記事なってて良かった。

この記事はなかなか辛辣。

「世間ではうら若きふたりのゴールインに祝福ムードが広がっていますが、内部では不安視する声も多いんです。“自由恋愛でご結婚”といえば聞こえはいいですが、小室さんは弁護士事務所でパートタイムで働くかたわら大学院にも通ういわばフリーターです。一般家庭でも、娘の夫になる相手が定職に就いていないことは、結婚へのハードルとなってもおかしくありません。しかも弁護士というのは市民や企業の争いの真っただ中に入っていく難しい仕事です。内親王の夫となる人には向かない職業なのではないかという人もいるんです」

内部だけじゃない、ネットの中も不安視する声であふれているじゃないですか!

フリーターって、ちゃんと書いたのも初めてじゃないのかな?

そもそも弁護士になれるのか。

2chの書き込みからですが。

この人が通う一橋大大学院国際企業戦略研究科経営法務は社会人のための学校で、弁護士資格をとるための学校ではないらしい。

 

HPより

一橋大学大学院国際企業戦略研究科 経営法務専攻

 

経営法務専攻は、夜間開講の社会人大学院です。

授業は月~金 18時20分~22時00分及び一部の授業を土曜日昼間に開講しています。

 

経営法務コース

  • 企業の活動や経営で起こりうる様々な問題に対応するための基本プログラムです。
  • 経営法務に関する幅広い教育を行うことで、常に変化する法と経済をリアルタイムで捉えていきます。
  • ますます企業で重要度を増している知的財産関係科目や、企業経営のグローバル化に対応した、国際法務に関係する「GBL(グローバルビジネスロー)科目」も提供しています。

社会人のための夜間授業だから、昼間フルタイムで働いている人もいるそうです。

そうなると、どうして昼間週3日なのか。

多分、秋篠宮家の計らいがあって奥野総合法律事務所で働いていると、これも2chから。

公益財団法人世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)

役員等名簿|組織概要|WWFジャパンについて|WWFジャパン

名誉総裁

秋篠宮文仁親王殿下

ここの名誉総裁が秋篠宮様で、監事に

奥野 善彦 弁護士 奧野総合法律事務所 所長

この方のお名前があるので、おそらくお願いされてここで働いていると。

 

 

そもそもどうして銀行やめたのか、どうして銀行で1年働いているうちに、国際弁護士になりたいと思ったのか。

メガバンクの超エリートしか入れない銀行を、こんなに簡単に辞めてしまう理由。

そこを会見で質問する記者はいるのかしら。

 

 

眞子様佳子様も降嫁されても皇族として公務をすることを美智子様は望まれてると。

http://ootapaper.hatenablog.comhttp://ootapaper.hatenablog.com

前のブログに、週刊誌情報載せましたが、

女性宮家の創設はとりあえず法案にならなかったけれど、内親王が降嫁しても公務をするのは閣議決定ですぐにオーケーが出るらしいですね。

こういう緩い制度だと、気がつけば、民間人になるべき元内親王がいつの間にか宮家の当主みたいになり、その夫が小室氏のような性格ならば、皇族としてどんどん前に出てくるようになる気がしてきます。

清子様の場合は、ご夫婦で出席と報道されたのはオバマ大統領を迎える宮中晩餐会だけだったけれど、本当は他の晩餐会にも全てご夫婦での出席だったのではないかと思っている。

海外の要人とご一緒するのに、単独というのはありえないから。

多分黒田さんが書かれるのをとても心配して目立たないようにとしていたので、報道の方も配慮して書かなかったんだと思う。

でも、KKはどんどん前に出てきそうで、そのうち、「お母様も一緒にご出席され」と書かれてても驚かないようにしておかないと。

 

 

小室圭氏との結婚は反対だと官邸にメールを出してみましたが、多分、そんな国民の声はないかのごとくに結婚は進み、どんどん慣例を破って庶民の小室さんが皇室の力で職を得たり、皇居に入り浸ったりするようになる気がしています。

だって、今の皇室、国民の声なんて聞きますか?

国民の批判を恐れていますか?

今から十数年前も雅子様適応障害とかいう病気になり、最初の頃は心配する人もいたけれど、公務は欠席されながら、元気に三ツ星レストランで夜遅くまで会食とか、出席だったのに、直前に体調の波で公務欠席になり、なのに乗馬をしていたとか。

仕事もしてないのに、静養のはしごで、9月になるとお疲れで公務欠席で、とこんなことがずっと続いていて、それでも次期皇后ですよ。

国民の方が諦めと慣れで抗議する気も失せてくるの。

それを今度は小室氏でやられそう。抗議のメールが来たって、皇室の権力ってすごいから、そこに潜り込んでしまえば多少の国民の批判なんて全く気にならないでしょう。

今だって、保守と言われる方の中にはいかなる意見も皇室に対して持ってはいけないと、小室さんに対してもまるで眞子様がよろしいのならと、皇室に物言うなんて恐れ多いと、ひれ伏してる人たくさんいる。

で、皇室なんてえらいの?っていう認識の人間の方がずけずけと皇室の中に入っちゃって、中から皇室が変質しているのに、外の日本人はなかなか気がつかない。

 

 雅子さんのやりたい放題と、それをまんま許している天皇皇后両陛下。

その中で唯一誠実に頑張っていたはずの秋篠宮家。

皇室には秋篠宮家がいるからと思って応援していた中に現れたのが、小室圭。

 

それにしても本当に不思議。

秋篠宮様紀子様はどうして小室さんを認めたのでしょう。

ある方のブログでは秋篠宮様は相手が在日だということも知った上で、お認めになっているということです。

 

こうなると、悠仁様のお相手もどういう方がいらっしゃるかわかりません。

気になるのは、この小室圭登場からのニュースに、小室さんに対する批判と一緒に秋篠宮家をちょちょっと貶めるコメントをはさむ人が多いんですよ。

今までなら、すぐに秋篠宮擁護派にわっと反論されて消えていたのに、今はそういう秋篠宮派は元気をなくしているのかお出ましにならず、お出ましになっても勢いがなく、結果的に紀子様を貶める書き込みが繰り返されていて、なんとなく組織的なものを感じてしまうんですよね。

 

おそらく、私が思っているように、小室圭氏など結婚させる秋篠宮家から天皇を出すのは不安だ、あれが天皇の義兄だよ、と嫌悪を感じる人をたくさんつくって、「やっぱり東宮でしょ」みたいな流れにもっていきたいのかなと。

 

よくわかりませんが、そんな気がしています。