SharePaper

気の赴くままに、調べ、シェアするブログ

眞子様、小室さんの会見、自由恋愛、個人のプライバシー優先?《質問7つ、アドリブなし、関連質問なし》

 

自由恋愛、個人のプライバシー優先の会見になりそう

[小室圭氏、事前調査なし]内親王のお相手に宮内庁は事前調査をしていない!?

 

こんな自由恋愛が許されちゃうなら、結婚後は民間人になるという境界線をはっきりさせるべきなのに、実際はどんどん民間に降ったはずの内親王宮中晩餐会にご夫婦でご出席したり、頻繁に皇居へ行って記念日に集まっている。

 

清子様が引き継いだ伊勢神宮の祭主も30年後には、眞子様が継がれる、本人もその覚悟があるとか。

週刊女性6月28日配信の記事、

眞子様伊勢神宮の祭主・黒田清子さんから受け継ぐ“30年後”の決意とは」から)
 

このままけじめも厳しさもなく、それぞれが好き放題をする皇室になったら、どうなるんでしょう。

だんだん、祈りの皇室ではなく、ただの権力者一族になるような怖さも感じます。 

 

 

FLASH 7月18日号 質問は7つだけ

記者はどこまで突っ込めるのかと思ったら、

質問は7つだけ。

アドリブだめ、関連質問ダメということのようです。

国籍とか、お母さんの実家は?とかはこのまま国民には内緒にしていくつもりなのでしょうか。

 

f:id:ootapaper:20170705215059p:plain

 

 

<上の記事、ざっと書き出してみた内容> 

 

「婚約内定会見の日程が決まり、眞子様と小室さんは、多忙な日々を送っています。

SPとの距離は縮まりますよ」(皇室担当記者)

 

打ち合わせは都内の由緒ある会館だったり赤坂御用地だったりで、職員を交えた会議なので二人の時間というわけにはいかない

打ち合わせがない日は直帰で、母と祖父の待つ家へ。

 

1億3千万人が注視する7つの質問と回答

 

彼はフリーター、と書いてある。

定職につかずに結婚を急いだので眞子様の負担になるのではと心配されている。

大学院で経営学を専攻しているが、弁護士を目指すのであればロースクールを目指すべきですし、過去には「アナウンススクール」や「海の王子」に応募していたなど、将来設計に筋が通ってないのではと指摘する声もある。

 

これらの不安を一括するのが7月8日の会見になるはずだが、会見時間はわずか15分で、質問内容な決まっている。

 

プロポースヤ互いの呼び名、両陛下に伝えたい言葉や将来のビジョンなど。

関連質問は行われない。

用意された質問と回答が交わされるだけ。

 

「逆風を吹き飛ばすには、説明を尽くし、一切の不安を払拭することです。

ペーパーを見ながら語るような会見だけにはなってほしくない。

 

つくられた人物像ではなく、小室さん本人の考えや表情で。国民全員が安心できる将来設計を語らなくては」小室さんの修行の日々は、まだまだ続きそうだ。

 

書き出し終わり。

 

フリーターの呼び名が定着してきた

フリーターというのは言葉は、

女性セブン2017年7月13日号 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170703-00000011-pseven-soci

にも使われていましたね。

 

 今の学校はロースクールでないことも書かれていますね。

こういう矛盾をきちんと記者に質問させて、それに誠実に答えれば印象もよくなるチャンスなのに、

今から逃げてしまってはもう挽回のチャンスはないですよね。

 

www3.nhk.or.jp

眞子さま婚約内定 8日正式発表 会見へ

秋篠宮ご夫妻の長女の眞子さまの婚約内定について、今月8日午前、宮内庁が正式に発表することになりました。これを受けて、この日の午後3時から、眞子さまがお相手の小室圭さんと記者会見に臨まれます。

宮内庁によりますと、眞子さまと、大学時代の同級生の小室圭さんの婚約内定について、今月8日の午前11時15分から山本長官が記者会見をして正式に発表することになりました。

これを受けて、眞子さまは午後3時から秋篠宮一家のお住まいのある赤坂御用地で、小室さんとともに記者会見に臨まれることになりました。
記者会見では婚約内定の心境や交際の経緯などについて話されるものと見られます。

また、この日の午前中には秋篠宮ご夫妻と眞子さまが、天皇皇后両陛下のお住まいの御所を訪れて両陛下に婚約内定のあいさつをされたあと、眞子さまが両陛下に小室さんを紹介されることになっています。

そして、夕方からは秋篠宮邸で、秋篠宮一家が小室さんと母親の佳代さんとお祝いの夕食をともにされることになっています。

眞子さまは先月以降、たびたび秋篠宮邸で小室さんと会い、婚約内定の発表や記者会見に向けて準備を進められているということです。

 

本当に一番信じられないのは、眞子様とこの方との交際を許した秋篠宮の両殿下。

 

しかも会見の後、あの母親と食事会をなさると。

もうこれだけで、秋篠宮家の格がどっと地に落ちていくんですが。

それにしても、これほど釣り合いが取れないのに、母親はどうして平気で秋篠宮家に行けるのでしょうか。

 

なんだか、違う国に来てしまったような、時代がいきなり変わってしまったような気になってしまう。